• プロフィール



    白土一宏といいます。海峡の街「下関」に生まれ、育ち、仕事で全国を渡り歩き、システムエンジニアを30年しています。、下関に帰りコンピューターやシステムエンジニアの知識を生かし下関の街づくりの応援していきたいと思います。

  • twitter タイムライン

  • bitFlyer

    bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  • ビットコイン

    日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • Facebookフィールド購読

    記事の更新通知を受け取る

    2018年6月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  

    体認と申す事を/吉田松陰一日一

    2013年8月5日

    一体(いったい)人と申すものは体認(たいにん)と申す事を知らず候(そうら)はば、人と申すものには之(こ)れなく(後略)。

    安政五年七月十三日「要路役人に与ふ」
    【訳】
    そもそも、人間というものは、実際に自分で体験し、十分よくのみこむということを知らなければ、人というものではな
    い(後略)。

     

    生きねば

    2013年8月2日

    考えねば

    内に思ふことある者は、外に感じ易し/吉田松陰一日一言

    2013年7月30日

    内(うち)に思(おも)ふことある者は、外(そと)に感じ易(やす)し。故(ゆえ)に楽(がく)を聞きて哭(こく)する者あり、花を観て泣く者あり。
    *上人(しょうにん)内に巳(すで)に思ふ所あり、乃(すなわ)ち外に感ずる所以(ゆえん)なり。

    安政二年「浮屠(ふと)黙霖(もくりん)に復する書」

    【訳】
    心の中に思いを抱いている者は、外の事物に対して感じやすいものである。だから、音楽を聞いて、声をあげて泣く者が
    あり、また、花を見て涙する者もある。上人は心の内に国家に対するいろいろな思いを抱いているのだから、外の事物に感じやすいわけである。

    *安芸国長浜(現広島県呉市長浜)出身の勤王僧宇都宮黙霖。松陰は萩の野山獄で、文通を通じて黙霖から思想的影響を受けたといわれる。

    250px-Yoshida_Shoin2

    今日のおやぶん 7/28

    2013年7月28日

    おやぶん暑いですな。

    IMG_2266

    PAGE TOP
    Copyright(c) 2013 海峡人 All Rights Reserved.